日常をちょっと斜めから・・
by aruku-aruku
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
変なタイトルがついた歌 その1
昭和の歌謡史を調べていますが、面白いというか、よく分からないタイトルの歌謡曲が
ずいぶんあります。そんな中からいくつかをピックアップしてみました。笑えますよ。

ネオンのかげで嘆く男   昭和33年 藤島桓夫(男が?こういうシーンは大抵女)
聞いて下さいロケットさん 昭和33年 市丸   (止まって聞いてる間に墜ちる!)
花は何故咲くのでしょう  昭和34年 石井千恵 (咲くから花なのですが・・・)
俺らはチョンガーのNo.1  昭和33年 日高浩二 (???)
オデコのケガ       昭和34年 三波春夫 (何でも歌になるもの)
三号室は空だった     昭和34年 フランク永井 (逃げられたの?)
あなたは地蔵さん     昭和34年 松山恵子 (微動だしない男)
パパは靴下が買えない   昭和35年 神戸一郎 (もちろん靴も買えない)
煙突サンから煙が出た   昭和28年 越路吹雪 (水が出たら大変だ!)
ヌードのブルース     昭和31年 築地容子 (石原都知事の作詞です)
ビヤ樽叩いて海を行く   昭和30年 白根一男 (何をしてるのか全く分からない)
地球はだまって廻っている 昭和30年 中島 孝 (音たてて廻ったらうるさい)
拝啓僕です        昭和30年 青木光一 (君は誰?)
みんな泣いてる街     昭和29年 竜野美智子(一体何があったのでしょうか)
若いときァ二度ある    昭和29年 岡 晴夫 (ウソ!もう一度あるかなあ・・)
赤いヨットは死んでいた  昭和37年 美川鯛二 (どんな歌なのか想像出来ない)
おむすびが喰べたいな   昭和36年 朝倉ユリ、藤田 功(ささやかすぎる夢?)
ラーメン坊や       昭和36年 佐川ミツオ(どんな坊やなのかなあ)  

 ヒットした歌はありません。やはりタイトルは大切ですね。

 
by aruku-aruku | 2007-07-03 23:59
<< 子供から見た父親像 N700今日デビュー >>