日常をちょっと斜めから・・
by aruku-aruku
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
 越前蕎麦の伝道師を自称する私ですが、もうひとつ「カレーうどん」探求の「旅」に出かけております。カレーうどんは必ず3点セットでいただきます。もちろん「カレーうどん」そして「白めし」「たくわん」です。「カレーうどん」のカレーはカレーライスのカレーとは似て非なるものです。前の晩に残ったカレーをうどんにかけて「カレーうどん」とは云わないでください。「カレーうどん」のために作られたカレーでないともう問題外なのです。ジャンル分けするとカレーライスのカレーは洋食です。和風カレーと云われるものでも洋食です。カレーうどんにかけられているカレーは和食です。似ているけれど全く違う食べ物です。うどんは少々腰が強い麺の方がグッド。そして「白めし」はちょっと固い目の炊き加減の方が良いですね。「たくわん」は着色をしていると分かっていても黄色のものが出てくると良いアクセントになります。こんな厳しい条件?を満たしているお気に入りの店は大阪は千林旭区郵便局前の「みよし屋」、京都下鴨北園町京都府立大学一筋東にある「しみず」、京都東堀川今出川下ル「福助亭」などです。それぞれの店に個性はありますが、いずれも昔からの「うどん屋さん」で、おじいさん、おばあさんが店を切り盛りしています。この話をすると大勢の方からおいしい店を紹介されます。と言うことは、結構カレーうどんファンは多いのですね。みなさん、教えて!
by aruku-aruku | 2006-10-30 22:19
 「最近買ったカメラに少しは慣れないと」と、植物園まで自転車で走ってきました。世界中の花が草花が集められていますので、季節を問わず何かの花が咲いています。しかし、櫻が開花しているのには驚きました。「子福桜」(コブクザクラ)といい春と秋に花を咲かせる桜だそうです。探してみると世の中には結構「例外」は多いですね。
a0068021_16223919.jpg

by aruku-aruku | 2006-10-28 16:23
大阪市内で「鉄道わすれもの店」の看板を見つけ足が止まってしまいました。百貨店の催し場などで「鉄道忘れ物処分市」など開かれることは知っているが、常設の店があるとは!皆さんの街にはありますか?忘れ物をすることに関して自分で横綱級と思っている私は商品提供者ですよ。自分の忘れ物があるようで、とても怖くて店内へ入れません。傘など途中で雨が止めば先ず忘れますね(自慢するな!)。「値の高い傘を買えば忘れないだろう」というアドバイスをいただき数千円の傘を買いましたが、見事その日に忘れました。忘れる人がいるから、こういう店も生計が立つ!みなさん、どんどん忘れ物をしましょう〜。
a0068021_17542096.jpg

by aruku-aruku | 2006-10-27 17:57
龍馬が鴨の河原へ降り立った!といっても高知県消防本部のヘリ「りょうま」です。京都出町柳の三角州は、緊急の場合臨時のヘリポートになります。快晴のこの日、遠く土佐の国から「りょうま」は急を要する病人を乗せて鴨の河原へ降り立ちました。京大や京都府立医大への患者搬送で全国各地からヘリが来ますが、「りょうま」が来るとなぜか気持ちが高まります。海援隊を結成、世界貿易を夢見た龍馬がヘリから手を振っている〜そんな姿を想像してしまうからです。
a0068021_052243.jpg

by aruku-aruku | 2006-10-11 00:06