日常をちょっと斜めから・・
by aruku-aruku
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
関西国際空港2期空港島の見学会に参加してきました。今年の8月2日からの滑走路供用を目標に最後の仕上げがなされています。滑走路が現在のものより500mも長く4,000m、大阪環状線の東西方向にギリギリ収まる大きさと言えば広さが分かってもらえるでしょう。滑走路エンドからエンドまでの4,000mに、その前後合わせて多分10kmは歩きました。ここを一般人が歩けるのは今日が最後ということで、足跡を残してきた次第です。周りに建物など何もないので歩けど歩けど景色が変わりません。霞むような先を眺めて歩くのですが街の散策と違い結構疲れますね。秋にはここから外国へ飛び立ちたいなあ。
a0068021_1284916.jpg

by aruku-aruku | 2007-03-26 01:32
 1月のトルコの旅では1,200枚の写真を撮ってました。36枚撮りのフィルムに換算すると約35本ということです。フイルム代、現像と焼き付け代を考えるとフイルム時代には考えられない枚数です。デジタルならではの経済性ですが、それだけにワンショットごとへの注意が散漫になり、「下手な鉄砲は数撃っても当たらなかった」結果になっています。困ったことです。でも、その中に馬が飛んでいる面白い写真がありました。トルコも地方へ行くと馬車をよく見かけますが、こんなに勢いよく走って(飛んで)いるのはこの馬だけでした。トルコ、ペルーの画像は少しですが、HP「たびたび旅へ」にアップしています。http://web.mac.com/e_oto/
a0068021_144967.jpg

by aruku-aruku | 2007-03-25 01:45
2月14日にアップしました骨格模型アーサーくんを紹介します。毎週体のパーツを書店で買ってくるのですが今回で5回目となります。今週目玉が入りまして、いっそう気味悪くなりました!。初版(1回目)が190円、2回目が690円。ここまでは良いのですが3回目から一気にアップして1,190円です。これから後、完成まで何回配布があるのか「?」ですが、相当値の張るアーサーくんになりそうです。ここまで来たら止められないしなあ。完成すると身長は1,1mだそうですが頑張って育て(?)ますか。「人体の不思議」について毎号解説が付いてきますがこれは面白いですね。自分の身体について案外分かっていないことが多いものです。
a0068021_0113553.jpg

by aruku-aruku | 2007-03-24 00:12
 コカ・コーラナショナルビバレッジから販売されている缶コーヒー「GEORGIA MAX COFFEE」をおみやげにもらった。「どこにでもあるGEORGIAの缶コーヒー?」と思うとそれは大間違いです。千葉、茨城、栃木の一部でしか売られていない地域限定の商品だそうです。こんながあるのですね!GEORGIAのホームページから製品情報を開くと20種もの製品が紹介されていますが、ここには出ていません。しからば・・と「MAX COFFEE」で検索すると出てきました!利根コカコーラーボトリングが製造、そのエリアでしか発売されていないものです。歴史は古く1978年のマックスコーヒーがその始まりで1991年に「GEORGIA MAX COFFEE」となったそうです。原材料・加糖練乳、砂糖、コーヒー、カラメル・・と書かれていますが想像通り相当甘いです。千葉、茨城、栃木へ行かれたらぜひ味わってみてください。でも、缶には地域限定商品とは書かれていません。この他にも地域限定のGEORGIA COFFEEがあるのかな?ご存じの方がいらっしゃったら教えて!
a0068021_2132286.jpg

by aruku-aruku | 2007-03-22 21:10
昨年11月に紹介しましたカロムの盤がやっと出来上がってきました。発注して4ヶ月かかっています。というのも大量生産はされておらず、他に仕事を持っておられる方に手作りで丁寧に作っていただいたからです。最後はヤスリで仕上げ、きれいな色を塗って仕上げた盤には作者の銘も入っており、これはもう家宝ですね。どうですか、色が素敵でしょう!盤面の色にはこだわってみました。エジプト辺りで作られ、明治時代に日本に渡ってきたカロムは全国で大流行したようですが、現在は何故か滋賀県彦根地方にだけしか残っていないゲームです。おはじきと玉突きを組み合わせたようなカロムで童心に帰って遊びましょう。
a0068021_2330643.jpg

by aruku-aruku | 2007-03-14 23:30
過労働の運転によるバス事故がありましたが、こんな経験を2日続けてしました。1日目、某市で乗ったタクシーが赤信号で停止。しばらく待って信号が青に。しかし・・・車は発進しません。ひとつ前の車は遙か彼方へ・・・「運転手さん青ですよ」の声をかけると黙って急発進。そして赤信号で停車。またまた青になって前が空いても進みません。おいおい運転手さん居眠りしてるじゃない。そして次の日です。ターミナルで整然と並んで客待ちしているタクシーが順番が来てもこちらへ来ません?見ますとハンドルに顔を伏せ寝ておられます。後ろ、横の同業者がクラクションをブーブー鳴らしてもいっこうに起きる気配無し。横に並んでいた運転手さんが車を降りて窓をどんどん叩き、やっとお目覚めです。「やばいなあ」と思っているとこのタクシーに乗る羽目に。この運転手さんは「すみませんでした」とお詫びの言葉を云ってくださり発進。ところがなんとドアが開いたままじゃ!「運転手さんドアが閉まっていませんよ!」。この後、深夜で道が空いているとはいえ猛スピードで突っ走りました。今まで寝ていたのに怖いよう〜。危ないと思ったら途中でも降りた方が良いのでしょうが、なかなか「ここで結構です」とは云いにくいですね。酔っぱらい運転には厳しくなりましたが、居眠り運転にも法規制が必要かなあ。先ずは自分が居眠り運転しないように気をつけようと。
by aruku-aruku | 2007-03-05 01:22