日常をちょっと斜めから・・
by aruku-aruku
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
お久しぶりです!「暑い暑い」と皆さん悲鳴を上げておられますが、暑いのが大好きな私は心地よい汗を流して走り回っています。でも、もう秋はそこですね。民家密集の我が家すぐ近くにこんな可愛い田んぼがあります。ウレタンのボックスに植えられた稲はすくすく育ち、側で案山子が悪い鳥たちの攻撃に目を光らせて〜、いや!にこやかに笑っています。案山子が仕事をしないので網を被せて稲を防御。世界一小さな田圃かどうか分かりませんが、この家の前を通ると笑ってしまいます。先日書きました「キウイのなる家」はその数をますます増し、青い葉っぱで家全体が包まれてきました。そのまま「キウイハウス」とでもしてディズニーランドへでも寄付したらどうかなあ。我が家は人家密集の街中ですが、すぐ近くに果樹園・田んぼもあるという〜 そう田園都市ですわ。
a0068021_18142569.jpg

# by aruku-aruku | 2007-08-29 18:15
目のことでは大変ご心配をおかけしました。一ヶ月を過ぎまして、今朝診察に行ってきましたが順調に回復しているということでした。実は今回の検査で一カ所網膜に傷があることが分かり、これが悪化すると網膜剥離を起こすので手術をした方が良いかも〜、と言われていました。レーザーで焼くとかで「それなら、目玉焼きか!」と親しい友人には洒落ていましたがその必要はまだないと診断されました。そんなわけで目の不自由は解消!!の筈ですが、先日レタスにかけていたドレッシングが飛びはね悪い方の右目に入りました。(眼鏡をかけているのにどうして狭い隙間から!)まだちょっと痛痒いのですが、目をこすらないよう云われているので我慢しています。これがまた辛い。「弱り目に祟り目」とはまさにこのことです。ああ、人生楽しいなあ〜。
# by aruku-aruku | 2007-08-20 23:27
京都五山の送り火が先ほど終わりました。お盆で帰って来られた霊を送る京都の伝統行事ですが、今年はNHK-総合TVで1時間半、全国へ生中継されましたのでお茶の間でご覧になった方も多かったと思います。我が家からは大文字が真正面に見えます。亡くなった親族や友人のことを思い出しながら送り火に手を合わせました。画像は用意にかかる今日17時頃と送り火が点火された20時10分頃の大文字です。「大文字」「妙法」「舟形」「左大文字」「鳥居」順次点火され五山の送り火となります。間違っても「大文字焼き」と云わないでくださいね。
a0068021_2182267.jpg
a0068021_2184313.jpg
a0068021_2185671.jpg

# by aruku-aruku | 2007-08-16 21:10
タクシーはプロの運転手さんに身体を預けている訳ですから、いつも安心して乗っています。・・が一日に二度も危ない目に遭うと???マークが頭の中を回ります。東京で品川から渋谷へ向かって乗ったタクシーが交差点で左から来たワゴンと接触。見えていたので思わず「ああ!〜」といってるうちにガチャン、バリバリです。左折専用レーンに入った他府県車が直進の為に右折して接触したもので、これは間違いなくワゴン車がイケマセン!現場で両車の交渉が始まりそうだったのですが、二台とも走行出来る状態だったのでワゴン車には目的地まで付いてこさせました。こちらはおつき合いする余裕はありませんもの。あとはゆっくりお話し合い下さい。怖いことはもうひとつ続きます。その帰りですが渋谷から品川のホテルまでタクシー移動。無事ホテル玄関まで着いたタクシー、トランクを開けてもらいひとりが荷物を下ろし、私が料金を払って降りようとしたときトランク方向へ行った運転手さんを残し車が走り始めたではないですか!また「ああ!〜」ですわ。サイドブレーキをかけ忘れた車が玄関の勾配で走り始めたのです。驚いた運転手さんが戻って止めてくれましたが「ほっ!」でした。私には何の責任もありませんが、二台で移動しており一日二度も私の乗った方にこんなことがあると、みんなの見る目が変わって来ます。「aruku-aruku回りではいつも変なことが起こる」と。
# by aruku-aruku | 2007-08-14 17:38
近所の空き家に「キウイ」がいっぱい実っています。電話線、電気の引き込み線から電柱へ、テレビアンテナの支線からアンテナへ。おそらく40〜50ヶはあるでしょう。住んでいた人が植えたものではなく、どこからか種子が飛んできて自然に実ったのでしょう。毎日欠かさず買ってきて食べてますが、パックに3つ入って150円とか結構高いですね。ハシゴを架けて取りたくもなりますが、まだ誰も恥ずかしいのか手にした人はいないようです。勇気のある方はぜひお越し下さい。そのうち、庭先にスイカが出来たりしたら面白いのですがね。
a0068021_20393638.jpg
a0068021_20395074.jpg

# by aruku-aruku | 2007-08-09 20:41
誰でもとんでもない失敗や恥ずかしい思いをするものです。「人には言えない恥ずかしいこと」もなんどか経験しましたが、このたび「人に言いたくなるほど恥ずかしいこと」をしでかしましたのでブログで公開します!(笑)。ビールを買おうと軽自動車に乗り込み、結構車の多い大通りをしばらく走っていたところ携帯が鳴りました。いつも運転中は携帯に出ないのですが、何故か気になってとったところ家からの電話。「あんた、ホウキ引っ張って走って行ったよ!」「???」。とりあえず交差点を外れたところで車を降り後部を見ると派手なブルーのホウキが車に引っかかってました。家を出るときに「がたん!」と音がしたので外へ出てみると、ホウキを引きずった車が角を曲がるのが見え電話したそうです。車の後に立てかけてあったホウキが引っかかったのですね。多くの後にいた車はどう思ったでしょうかね。カンカンをいっぱいぶら下げて新婚旅行に車で出かける風習は外国にありますがホウキではねえ?。野球では試合途中にグラウンド整備のためトンボを引っ張った車が出てきます。このままで市内走り回ったら良かったかな?自分で運転していたのですがその情景を想像するとあまりにもとんまで可笑しく、この夜は布団に入ってからもひとり腹を抱えていました。
a0068021_1435204.jpg

# by aruku-aruku | 2007-08-04 14:37
若者の街、渋谷で純喫茶風の大人の喫茶店を見つけた。「アンカレッジ」という喫茶で
豪華客船をイメージした店内、オーダーは手元の電話を使う。大きな声で店員さんを呼ぶのはスマートでない・・ということらしい。コーヒ、紅茶には自家製のプチマドレーヌが付いてくる。食べ終わるとカップの底に番号が現れ、卓上にある冊子で今日の運勢が占えるという趣向。この日の私は28番。そこには「今日の言葉・・心を鬼にできない親は子供を育てられない」(もう遅い!)。「家庭・・将来に希望を持ち 苦しみに耐えよ」(おいおい、40年耐えたのにまだ耐えねばならないの!}。
a0068021_1173575.jpg
a0068021_1175086.jpg
a0068021_118135.jpg
a0068021_1181116.jpg

# by aruku-aruku | 2007-07-27 01:19
子ども達は今日から嬉しい夏休みですね。梅雨明けも遅れ、あいにくの曇天でしたが鴨川では子ども達が川遊びに興じていました。田舎で幼少時期を過ごした私は「夏休み」と聞くと川の臭いを思い出します。最近は子供が遊べる川も少なくなってきました。鴨川に入り魚を追っかけている子ども達を見て「夏が来たのだ」と感じた今日でした。
a0068021_17341759.jpg
a0068021_17352652.jpg
a0068021_17355023.jpg

# by aruku-aruku | 2007-07-21 17:37
昨夜、右目に糸くずが付いたか?と思うような症状が現れ、間もなくそれが全体に広がってしまいました。水面に油を浮かべたような状態です。視力も極端に落ちています。そんな訳で今日は暗い朝を迎えています。鶴田浩二は「右も左も真っ暗闇」ですが、私は右だけですから「まあいいか!」と思いましたが、眼科へ行ってきました。眼球奥の硝子体(しょうしたい)へ繋がる血管が切れているそうで、「そのうち血も引くでしょう」という軽い診断。止血剤をもらってきました。片目がダウンすると携帯電話の文字も見にくいし、こうやってパソコンを操作していても不自由を感じます。新聞は読む気になりません。ひどくなると網膜剥離ということでいっそう大変らしいですよ。不幸中の幸い、歳を重ねた勲章と思って、しばらく左目だけで生きていきましょう。みなさん、私を見かけられたら左から近寄ってくださいね(笑)。
# by aruku-aruku | 2007-07-17 12:11
今日、JR西日本山陰本線普通列車に乗って来ましたが車掌が女性の方でした。ホームに半身乗り出して安全を確認、ドアを閉め発車の合図を運転手に送っていました。車内アナウンスも慣れてしまっている男性車掌のアナウンスと違い、フレッシュで気持ちよかったです。「次の停車駅は亀岡、ホームに段差がありますのでお足元に気を付けてお降り下さい」。ひとことひとことを大切にしたアナウンスは「はいはい!」と心の中で返事するほど言葉が届きました。まだ、新人さんで一生懸命なのでしょうが、変に慣れないでくださいね。なにごとも「初心、一生懸命が大切」と当たり前のことを学んだ小さな旅でした。
# by aruku-aruku | 2007-07-12 21:16